アスベスト(石綿)含有仕上塗材 改修・解体で飛散対策

ヤマト環境開発株式会社のホームページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

先日も触れましたが、厚生労働省と環境省は今年度、建築物の改修・解体時における石綿含有塗材の飛散防止措置方針を示しました。
両省とも、吹付け工法で施工された仕上塗材は「吹付け石綿」として対応。レベル1のばく露防止対策(隔離は同等の飛散防止措置でも可)が必要としました。
吹付け工法以外でも適切な石綿飛散防止措置を行うことが求められます。

また、災害時の石綿飛散防止についてのマニュアルも改訂されました。